Programming

VSCodeのマルチカーソル(Windows)のショートカットキー【爆速コード記述スキル】

作業スピードを爆速にする
VSCode、もっと使いこなせるようになりたいな。
マルチカーソルっていう便利な技があるみたいなので、やり方を知りたい。
パソコンはWindowsを使ってるよ。

Windows版、VSCodeのマルチカーソルのやり方をまとめます。

この記事の内容
  • 選択した文字列と同じものを全て編集するマルチカーソル
  • 選択した文字列と同じものを任意の数だけ編集するマルチカーソル
  • 任意の場所にマルチカーソル

この記事を書いている私は、プログラミングのコードを記述する際にVisual Studio Codeというテキストエディタを使用しています。

そこで思ったこと。
「この単語、一括で全部編集できたらいいのになぁ!」

これを解決してくれるのがマルチカーソルということを知り、
これだけは覚える!と決めた3つのマルチカーソルを皆さんにご紹介していきます。

プログラミングを始めたばかりのあなたも、この技を覚えればコーディングスピードが爆速になること間違いなしです!

VSCodeのマルチカーソル(Windows)についてのショートカットキー【動画付き】

ではさっそく、すぐ使えるマルチカーソルのやり方です。

あなたがまだVSCodeを使い始めたばかりでしたら、下記の3つの技を覚えましょう。

  • 『ctrl + shift + L』
  • 『ctrl + D』
  • 『Alt + マウスクリック』

それぞれ解説していきますね。

『ctrl + shift + L』選択した文字列と同じものを全て編集できる

まずは、同じ文字列を全て一気に編集するマルチカーソル。

特定の単語を別の単語に置換したいな~って時に使えます。
エクセルで言うところの「Ctrl H」と同じ役割ですね。

『ctrl + D(複数回OK)』同じ文字列を選んで編集できる

これは、選択した文字列と同じ文字列を、自分の好きな数だけ選んで編集できるマルチカーソル。
基本的には初めに選択した文字列より下にあるものが選択されていくようですね。

『Alt + マウスクリック』で任意の場所に複数のカーソルをつける

これも何気に便利。

コーディングをしていくとよくある、
「” ” や ; をつけ忘れた…あれっ、ここもつけ忘れてる!」
なんてミスに気づいた時に助けてくれますよ!

覚えられない人は印刷してパソコンに貼っておくといいよ

3つ紹介したところで、こんな心の声が聞こえてきそうですね。

「便利なのは分かったんだけど、覚えられないよ…他にも覚えたいのあるし…( ;∀;)」

そんなあなたは、下のまとめの内容をコピーしてデスクトップに付箋しておきましょう!

まとめ|マルチカーソルをマスターすればコード記述を爆速にできる

まとめです。
この記事では、VSCodeを使い始めたばかりのあなたに向けて、マルチカーソルの使い方についてご紹介しました。
使いこなせるようになれば、コーディングスピードを爆速にして作業効率を大幅にアップできますね。

使えるマルチカーソル
  • 『ctrl + shift + L』ファイル内の同じ単語全て編集
  • 『ctrl + D』ァイル内の同じ単語をDを押した数だけ編集
  • 『Alt + マウスクリック』複数クリックしたところを編集

わたしもまだ完全に覚えきれているわけではありません。
忘れちゃってたら見返して、どんどん使っていくことで習得していきます(`・ω・´)