丁寧な書き方 to お客様

目次

コロスケの影響もあり、直接顔を合わせるミーティングからオンラインミーティングが主流になりました。
また、チャットやメールだけでやり取りをするケースも多くなったのではないでしょうか。

この記事では、これから信頼関係を築いていきたいお客様との文章でのやりとりにフォーカスを当てました。
文章でのやりとりは、相手の表情が見えません。ということは、どんなニュアンスを込めてあるのかが読み取りにくいということです。

表情が見えないからこそ、いつもよりもさらに少しだけ、丁寧さをプラスするとGoodです。

お客様があなたに対して「今回だけではなく、これからも長くお付き合いしていきたいな」と思っていただけるように、丁寧な書き方の例をいくつかご用意しました。

ぜひ使ってみてください。

よく使う書き方より丁寧な書き方
〜〜になりますか?〜〜となりますでしょうか。
〇〇としたいのですが、大丈夫ですか?〇〇としたいのですが、問題ございませんでしょうか。
どうしましょうか?いかがいたしますか。
〜〜しています。〜〜しております。
〇〇ということですよね?〇〇という認識でおりますが、お間違いございませんか。
教えて下さい。ご教示いただけませんでしょうか。
教えていただけませんでしょうか。
〇〇にしますか?〇〇になさいますか。
何かあったら言ってください。お手伝いできることなどあれば、ぜひお申し付けください。