How To

【PC新しいのに動作が重い】Windows10を高速化する6つの方法を試してみた

私のノートパソコン、去年買ったばかりで新しいのに最近動作が遅い。ブラウザやアプリを開くのに時間が掛かるしカクカクする。
空き容量も充分にあるんだけどな…
何が自分でできる対処法はないかな?

パソコンの動作が遅くてお困りでしょうか?
実はこの記事を書いている私も、パソコンは新しいのにとっても重くて困っていました。

ですが動作を高速化する為に自分でできることを調べてやってみたところ、
割とサクサク動くようになりましたので、この記事に辿り着いたあなたにも共有したいと思います。

この記事の内容
  • Windows10の動作を自分で高速化させる方法

【PC新しいのに動作が重い】Windows10を自分で高速化する6つの方法

私のノートパソコンは HP EliteBook folio G1 です。
Windows10を搭載した8GB 65bitの割とハイスペック(ですよね?)な相棒。

参考にしたサイトはこちら
できそうなやつを実行しました。

不要なアプリケーションをアンインストールする

これ、実は思い当たるフシがあったんです。
それはずばり、5年くらい前に購入したAdobeのCS3…(ほとんど化石ですね)

写真の編集はオンラインでやっているので、PhotoshopやIllustrator現在使っていません。
「これは要らないよな」と。

アプリをアンインストール

アプリのアンインストールは以下の方法でできます。

  1. スタートメニューで『アンインストール』と検索
  2. 『アプリと機能』から消したいアプリをクリック
  3. 『アンインストール』をクリック

ここでの注意点は、よくわからないアプリは1度ググってどんなアプリなのかを調べてからアンインストールすることです。

『よくわからないけど、実は大事なアプリだった。やばい…』とならないようにしてくださいね。

ディスクをクリーンアップする

次はディスクのクリーンアップです。

これは使っていないファイルを自動的にピックアップしてくれるツール(らしい)。
先程と同じように、スタートメニューでクリーンアップと検索してください。

するとこんなポップアップが。

クリーンアップ
ドライブ(D): というプルダウンでWindouws(C:)を選択、『OK』を押します。
すると新たにポップアップが表示されますので、これまた『OK』ボタンを押し、
ファイルを削除しますか?と聞かれるので『ファイルの削除』をクリック。

これで完了です!

スタートアップで有効になっているアプリを無効にする

パソコンを立ち上げた時、勝手に開いてしまっているアプリを無効にしましょう。

キーボードで『Ctrl Shift Esc』の3つのキーを同時に押してください。

するとタスクマネージャーが立ち上がります。
スタートアップというタブをクリック。

スタートアップを無効にする

スタートアップへの負荷が『高』になっていて、頻繁には使わないなと思われるアプリをクリック。
右下の『無効にする』ボタンを押して完了です。

これをやったからと言って、そのアプリが使えなくなるというわけではありませんので安心してくださいね。

バックグラウンドアプリを無効にする

先程のスタートアップアプリと似ていますが、これは
見えないところで立ち上がっているアプリケーションを無効にする作業です。

バックグラウンドアプリを無効化

スタートメニューの検索バーで『プライバシー』と検索しましょう。
立ち上がった設定の左のメニューから、『バックグラウンド アプリ』という項目を見つけてください。(下の方にあります)

クリックすると、バックグラウンド(見えないところ)で動くアプリの一覧が出てきますので、
使っていない、あるいはよく分からないアプリはオフにしておきます。

透明効果を無効にする

これは、Windows10の見た目をかっこよくしてくれているエフェクトなんですが、
結構パソコンには負担がかかっているらしいです。

透明効果とアニメーションをオフ

Windowsボタンを押してスタートメニューを開きます。
左の下の方にある歯車マークをクリック。
ディスプレイ > 『Windowsにアニメーションを表示する』『Windowsの表示に透明性を適用する』この2つをオフにしちゃいましょう。

視覚効果をパフォーマンス優先にする

こちらもWindows10をかっこよく見せるための効果です。

スタートアップメニューから『コントロールパネル』と検索。
『システムとセキュリティ』→『システム』→『システムの詳細設定』と進むと新しくポップアップが出ます。

『パフォーマンス > 設定』→ 『パフォーマンスを優先する』にチェック。

視覚効果をパフォーマンス優先に

これで完了です!

ちなみに、おそらくこれをオフにしたからだと思われるのですが、
エクスプローラーの文字がなんだか昔風のカクカクしたフォント?になりましたw

慣れないとちょっと見づらいかとは思いますが、これで軽くなるなら全然OK。
インターネットブラウザなどの文字表示は今まで通りくっきりなので問題なしです。

まとめ|不要なアプリ・動作が無くなるだけで動作が軽くなる

私が実際にやってみたパソコン高速化の方法は6つです。
ただ、インターネットのブラウザを複数立ち上げるとまだ若干重いけど…

とはいえ、やる前と比べるとかなりサクサク動くようになりました。立ち上がりもめちゃ早くなったし\(^o^)/

  1. 不要アプリをアンインストール
  2. ディスクのクリーンアップ
  3. スタートアップアプリの無効化
  4. バックグラウンドアプリの無効化
  5. 透明効果の無効化
  6. 視覚効果をパフォーマンス優先に

プログラミングをやっていると、
ブラウザとエディターを見比べたり、わからないことをググったりしますよね。
それでいちいち動作が遅かったらストレス溜まっちゃいます(´・ω・)

この記事を読んで、あなたのパソコンがちょっとでも軽くなれば幸いです!
ぜひやってみてください。
もし分からないことがあれば、Twitterでご連絡いただければわかる範囲でお答えしますので(^o^)!
だりあ@エンジニア

追伸:セキュリティソフトのESETを導入したのでWindows Defenderはオフにした

そうだ、あなたのパソコンはウイルス対策していますか?
パソコンの動作が遅いの、ウイルスに感染している可能性もあるみたいです。

WindowsはMacと比べるとウイルスにやられやすいらしいので、できればセキュリティソフトは導入しておくべき。
インフルエンザウイルスと同じで、かかる前に予防しておかないと後がツライですよ/(^o^)\

今回の高速化で、私はWindows Defenderというもともと搭載されているセキュリティソフトをオフにしています。
それは、ESETセキュリティソフトをインストールしてあるからです。

実家にいる父親がE-setのファミリープランに加入していて、パソコン5台までそれに入れるのでちゃっかり入れてもらいました\(^o^)/

もしセキュリティソフトを入れていなければ、この機会に検討してみても良いかも知れませんね。
もちろんデフォルトのWindows Defenderでも良いとは思いますが、有料のサービスでガッチリ守るのも一つの手です!

それでは(・ω・´)!