Programming

【ショーヘー×ゲスエンジニアの”ここだけの話”】最速レポ

2019年1月27日
東京 五反田で開催されたショーヘーさん@showheyohtakiとゲスエンジニアさん@cohki0305の”ここだけの話”に参加してきました!

セミナーのように堅苦しい感じではなく、2人のフリーランスエンジニアによるゆる~~い感じのお話会です(^o^)

参加者は50名、現在フリーランスでお仕事している人もいれば、これからフリーランスになりたいという人まで。私は後者です。

ショーへ-さん

ショーへーさん。
1月7日から始まった #30DAYSトライアルの発起人。

ショーへーさんのおかげで孤独を感じずにプログラミング学習することができています。本当に感謝。この場を借りて、ありがとうございます!


海外が好き、自由に働きたい、というのがショーへーさん。
対してゲスエンジニアさんは、やり始めたら楽しくなっちゃったと。

微妙に違うんですね。やり始めたら楽しくなっちゃったって好きだな~
意外とそういうのって自分じゃ見つけづらいですよね。


未経験とはいえ、業界理解に努めてから面接に行ったほうが良い。

例えるなら、ピッチャーやりたいのにキャッチャーのポジション募集している球団に行っちゃうみたいな感じ、とのこと。
そうですよね、エンジニアといえどその中で沢山分岐しているわけで。

ということで、まずはどんなエンジニアさんがいるのか、
プログラマーの働き方をググってみる。

ショーへーさんは面接時
正直に、未経験だからどうなりたいのかは悩んでいると告げたそうです。
でも時代が進んで、今それをやるのはかなり危険だと。

転職サポート付きのスクールもあるし、とにかくテクノロジーが進んでいるから
全くの未経験者が門をたたくのは無謀過ぎるという解釈をしました(^ω^)

コンピューターとの仕事といえど、人と人が関わる仕事。
そこで上手にコミュニケーションが取れなければ当然うまくいきませんよね。そりゃそうだ。

全然話が通じない人、いますよね。結構。
陰キャラすぎてコミュ力0、とかだと厳しい。

それから、自分で手を動かして吸収しようとする人。
人任せにしてたら頼りになる人間にはならないです。

ここまで聞いてわかったけど、
会社員でもフリーランスでも、コミュ力は絶対スキルということですね。

スクールは、勉強をスタートするためのキッカケであって
スクールに通ったから絶対仕事にありつけると考えるのは間違い。

シリコンバレーのスクールで勉強するとなると相当なお金がかかるのに、日本のスクールは30万円くらい。
どう考えても卒業するまでにバリバリのエンジニアになれるわけがない、と。

よく広告で、『未経験から月収50万』とかそんな感じを謳ってるのがあるけれど、
騙されてはいけないとご忠告をいただきました。
そうだよな、そんな美味しい話あるわけなかろう(^o^)

要は、やっぱりみんなと同じことをしているだけじゃ稼ぐのは難しいということですよね。
基本的な(みんなができる)ことプラス、人間力、とかデザインできます、とか、営業めっちゃ上手、とか。
そういうプラスアルファのスキルもアップさせていかないと
(良い意味で)目立てない。

「この人に頼んだらなんとかなる、おもしろそう」と思われたら勝ち。

日頃から発信する癖をつけておこう。
Twitterはちょっと苦手意識あったけど、頑張ってみようと思いました。

発信することで、このブログも読んでもらえるようになるわけですしね(^^)


ちなみにゲスエンジニアさんは、
『とりあえず死ぬ気で勉強しまくる→スキルレベルが尋常じゃない高さになる』
という過程を経て転職は余裕だったそうですよ。死ぬ気で勉強しましょう。

ここで一旦小休憩です(^ω^)
只今18時。

わたしは自分のツイートを追って最速でブログに上げるための作業で手一杯w
トイレにも行かずにPCとスマホとにらめっこしてましたw

会場の様子

クラウドソーシングで仕事を取り続けている人もいるけど、そのうちしんどくなってくるそう。

全部ひとりでやるのがしんどくなってくるし、できないこともでてくるし、
ひとりで稼ぐには限界がくると。

師匠的な存在の人を見つけられれば自分が伸びるし、
そういった面でもやっぱり1回就職してみるのが◎

たしかにブログだけしか浮かばなかったけど、
ほとんどの人が続けられないしな。記事書き続けるのホント難しい。
ブログ始めて3ヶ月目くらいで『あ~ネタが尽きた…』って思いましたもんw


↑会場にいる人に需要が無さそうなので割愛されましたw

そうですよね。人間性がまずは最も大事ですよね。
自制心大事。
フリーランスだからダラダラできると思ったら大間違いですぞ。

やっぱAIくるよね。
コーダー要らなくなっちゃうよね/(^o^)\

この記事を手直ししている今日(1月29日)、先程ちょうどTwitterで衝撃的なサービスを知りましたよ。

だから、個人のブランディングが大事!
『誰でもいいんじゃない、この人に仕事を頼みたいんだ』
と思ってもらえる自分ブランド。

リモートでやりとりをするのがシンドイ人もいるそうです。
(わたしは全然抵抗ないから感覚がわかんないけど)
だからそういう人は、リモートワークは厳しいかもとのこと。

ゲスエンジニアさん『リモートワーク、というかエンジニアは結果主義。
甘くない。』

そうだよね。見えないからこその結果が命ですよね。


社員数が少ない(1人とか2人とか)スタートアップ企業での仕事だと、その仕事が自分のポートフォリオになっちゃうって話。
目からうろこだったな。
でもよく考えればそうだよね、自分がやってるんだもんねw

ゲスエンジニア「『これ、俺が作ったんです』って言えちゃうんですよ。」

 

温めてた質問を投げかけました

Q、普段のお二人の作業環境を教えてください。

▼ゲスエンジニアさん
デュアルモニターにしてます、ノートPCとモニター1つ。
あとは椅子めっちゃ大事。15万の椅子とか座ったほうがいい。

椅子に金かけてくれない会社はダメですwww

▼ショーへーさん
移動が多いのでモニターは持ってないです。なのでせめてノートPCは15インチ。

Q、30DAYSトライアルが終わったらどんな勉強したらいいですか?

▼ショーへーさん
ぶっちゃけどうしようかなというところw
デザインとかもいいよね。希望あったら教えてくださいwww

※今日、続編の発表ありましたね!

よっしゃ頑張るぞ(^o^)

それと、当日お会いできたアルパカさん(@engineeraru )もその場でリポート記事を公開されてます!


とっても丁寧で、しかも記事を書くのがめちゃ早い!
当日参加できなかった方も、ぜひ読んでみてください(*^ω^*)
わたしもアルパカさんのようなブログ筋鍛えるぞ!