Programming

【最速レポ】東フリ開催!SNSでは語れない、これからのフリーランスのキャリアハック【2019.04.20】

東京フリーランスイベント

 

東京フリーランスのイベント、行きたかったなぁ。これからのフリーランスのリアルとキャリア、超気になるよ!
実際にフリーランスとして働いている人の『リアル』、やっぱりTwitterの情報だけじゃない生の情報が聞きたい!

東京フリーランスは、フリーランスの羅針盤となるメディアです。

ハッタリなし。ポジショントークなし。ましてや、魔法のノウハウもなし。時には厳しい現状を伝えるかもしれません。
けれど、ホンモノの情報と、確実に力がつくコンテンツを提供します。

引用元:東京フリーランス

東京フリーランス主催!これからのフリーランスのキャリアハック
イベント最速レポをお届けします!

※一部書き起こしていない会話や、時系列が前後している部分もあります。ご了承ください※

Twitterで #東フリトークショー のタグを追ってみてください(^^)参加者のリアルタイムのツイートが見れますよ!

東フリ開催!SNSでは語れない、これからのフリーランスのキャリアハック

東京フリーランス(以後、東フリ)が4月1日に誕生して20日目。
初めてのトークイベントが開催されました。

今回のテーマは、『フリーランスのリアルとキャリア』です。
現在フリーランスとして活躍している東フリの4人が語り合います。

17:30 開場
18:00 ~ 18:15 主催者・協賛挨拶
18:15 ~ 19:45 トークショー
19:45 ~ 21:00 懇親会

東京フリーランスのメンバーってどんな人?

主催者4人

【Webエンジニア】ショーへーさん @showheyohtaki (一番右)

【Webエンジニア】とだこうきさん @cohki0305 (真ん中)

【デザイナー】船越 良太さん @ryota_funakoshi (一番左)

【東京フリーランス編集長】初芝賢さん @hatushiba_ken (U^ェ^U)

フリーランスエンジニアとデザイナーのリアル!~どんな仕事?必要なスキルは?~

ふな「フリーランスになった経緯なんですけど、大手の会社にいてお給料も良かったけど、自分のデザイナー欲求が全然満たされなかったんです。」

とだ「僕は、いろいろあって正社員いやだなぁってちょっと思って、それじゃあフリーランスになってみようかなって。フリーランスという生き方って僕には合ってるかなぁって。」

しょ「僕は会社員からフリーランスになったんですが、会社員になる時点でフリーランスになるつもりで転職活動しました。初めはサーバーサイドで入って、WEB制作の方がリモートとかできるなって思ってチェンジした感じです。」

フリーランスへの道!~独立するための具体的なステップ・学習法とは?~

しば「みなさん、独学から入ってフリーランスになった感じですよね?どうやって勉強したのかなって聞いていきたいと思います。」

ふな「ピンタレストでデザインまとめておいたりするといいですよ。男性向け、とか女性向けとか。学習法というよりは、そういったツールの引き出しを持っておく。」

熱が入る船越さん

とだ「僕はいきなりやりたいことから始めたんだけど…例え話でいうと、初めから微分積分から初めちゃった。みたいな。本当は数学Ⅰから初めなきゃいけないのに。笑」
とだ「これめちゃくちゃオススメの勉強法なんですが、休日にインプットしまくって、仕事でアウトプットする。バンバン成果でる。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

しば「とださんがエンジニアになる前に戻ったら、どうやって勉強します?」

とだ「まずProgateやって、それが楽しいと思えたら、スクールに通うかな。厳しめのスクール。笑
しょ「僕は経験者にまず話を聞いて、それで必要なことを勉強するかな。知ってる人に聞くのがはやい。フロントエンドの話だと、WordPressをやるのが良いと思う。WordPressの教科書(バージョン4)これを一冊やると、ほぼWordPressはOKです。」

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版』はこちら。古いバージョンのではなく、Ver.4.x対応版です。

しば「ショーヘーさんがエンジニアになる前に戻ったら、30DAYSトライアルやる?」

しょ「やるやる!笑」

しば「ふなっしーがデザイナーになる前だったら何やる?」

ふなデザインテンプレートをめちゃくちゃ使うかな。」

2019年からのフリーランスに求められるものとは~これからの時代で稼げる/稼げないフリーランスとは?~

しょお客さんの立場で考えることができるか。」(この辺ちょっと聞き逃してしまいました…)

とだ「めちゃくちゃ当たり前なんですが、成果を出せない人はフリーランスに向いてないです。」
ふな「一言。です。そこから、行動を起こせる人(がフリーランスで生き残れる)。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
しば「これから稼げるフリーランスはこんな力を持っている!というのをお願いします。」

ホワイトボードに書き書き

とだ『ぎじゅつ力』

ぎじゅつ力

とだ「サーバーサイドって枝を上に伸ばしにくいかなと思うんですが、やはり技術力が大切。僕たちがやっているのって、なかなかAIで自動化をすぐに出来ることじゃないと思うんです。技術力がある程度あると認められて、稼げるようになる。」
とだ「サーバーサイドは、スキルが圧倒的に高い人が稼げるんです。」

しょ『経営視点』

経営者視点

しょ「技術力はサーバーサイドに限らず大切だと思う。自分はこれからどこに特化していったら良いのか。経営視点が大切。スキル先行型でも、経営視点大事。」

ふな『人脈』

人脈
ふな「人脈は技術やお金でつくれるものではないですよね。人脈が合ったほうが、おいしい案件をいただけたりする。どうやって人脈をつくればいいかというと、コミュニティの中でのスーパーコネクターと繋がったり。これが今後生き残っていくのに大切なんじゃないかなと思います。」

フリーランスのリアル ~どこまでできたらフリーランスなれる?~

しば「フリーランスになった時、どれくらいのスキルがありましたか?」

ふな「僕はフリーランス初めた時は、正直かなり低かったと思います。」
ふな「テンプレートつかってデザインできれば、ある程度できちゃう部分もあるんですよ。UIテンプレートとかを使ったら良いと思う。デザイン力にかなり下駄履かせることができます。スキルとしては、そんなにいらないんじゃないかな。」

ふなヒューマンスキル、提案力、営業力が大事。お客さんはただデザインしてほしいんじゃなくて、それを通して売り上げあげたいとか、集客したいとか。デザインがあって、これだけコンバージョンがありましたよって言うのを書く。」

しょ「相手のことを考えるっていうのとちょっと通じるところがありますよね。『これを実装したい!』じゃなくて、『それを実装することによって、こうやって改善することができますよ』という提案がとても大事だと思います。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

しば「とださん、フリーランスになったときのスキルとこれからフリーランスになるのに必要なスキル、どうでしょうか?」(←少し言葉が違ったかもです)

とだ「フリーランスになったときは、Rails1.5年、Vue1年くらいですね。スキルよりも、とあるスタートアップのサービスの機能開発を一人でやっていた実績が評価されました。今からフリーランスになるには、サーバーサイドならスキルなくても実務経験あればOKです」(この辺、私が聞き逃してしまったので、後日とださんがフォローしてくださいました。)

とだ「僕がいる世界(サーバーサイドのプログラマ)は、エンジニア経験が1年あればできちゃう。フロントエンドよりも出来る人が全然少ないから。実務経験(があるというのが大事です。)」

しば「Progateやるより、現場でって感じですよね。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

しょ「フリーランスになったときのスキルセット…。僕は制作会社で2年やった後にフリーランスになったわけですが、スキルはそこそこありましたね。」
しょ「フロントエンドでフリーランスになるにしても、実務経験1年以上あったほうが良いかなぁ。ライバルが多いので、コネも大切ですね。それを作るのも、会社に入っていたのが大きいと思います。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

お金に関するお話もありましたよ。
とだ「お金がある所で仕事をするっていうのが大切じゃないかなって思います。」
ふな「そうですね、ちょっと似てるけど、誰をターゲティングするか。」

しょ「自分の足を使って、仕事を取りにいく。」

東京フリーランスに懸ける思いと今後の展開~これからの構想を先行発表!~

話しまくるとださん

しば「これからのフリーランス、どうなりますかね」

とだ「今年2019年か…。」
とだ「フリーランス最高!って言ってるロースキルエンジニアに対して、怒りを感じている正社員エンジニアがどんどん副業でフリーランスやると思う。いわゆるセカンドペンギンですね。」(ここもとださんに後日フォローしていただきました。)

※参考:ファーストペンギン、セカンドペンギンについては下記の記事がわかりやすかったです。
「ファーストペンギン」って何?意味や語源をご紹介します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

とだ「(良い)デザインのテンプレートとかもたくさん出てきたし、やっぱり圧倒的なスキルがあったりする人が強いんじゃないかな。」
ふな「デザインだけじゃなくて、(お客さんの売上や集客などの)数字を伸ばせるだとか、営業力だとかがある人が生き残ると思う。」

しば相手の事を考えて話が出来るとか、そういうの大事ですね。」

しば「これから戦うとしたら、その場所の選び方みたいのはありますか?」
しょ「WEB制作自体、自動化が進んできていますよね。でも先端技術ってそんなにすぐには浸透しないんです。これから狙い目な市場は、地方じゃないかなと思うんです。地方都市。仙台、名古屋、福岡とかね。」

ふな「デザインできます、みたいな人はめちゃくちゃ増えてる。ので、プロダクトマネージャーやプロジェクトマネージャーにシフトしていくのがいいんじゃないかな?デザイナー出身の。まだまだ少ないんですよ、デザイナー出身の人。」
ふな「でもそれって勉強するのムズカシイと思うので、やっぱり実務経験を詰んでいってほしいなぁ。高いポジションで仕事をすること。」

しば「WEBデザインできますよ。ってなったら、じゃあ、こういう企画をやって売上伸ばしましょう!みたいに上に枝を伸ばすのが良いと思うんですね。」

ふな「時代の流れ的に、シリコンバレーだとUI/UXの単価が下がりつつある。その余波がもしかしたら日本にもくるんじゃないかな。だからこそ、早めに枝を上に伸ばす方向で考えると良いのではと思います。」

質疑応答

【質問】スキルが身につく企業の選び方は?
とだ「その人にインセンティブがある会社かな。」※インセンティブ…こちらからどうぞ(Wikipediaに飛びます)
しょ「設立3年以内、社員数10人以下、社長が技術者の会社。僕も就職する時その視点で調べてたんです。ベンチャー系ですね。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【質問】海外案件を狙うのはどうですか?
ふな「デザインに関しては、海外はしんどいなと思っていて。」
ふな「デザインって文化によって全然違うところがあって。例えば、日本でお金のイメージは金色。アメリカは緑。こうやって文化をまたぐと全然違っちゃうんです。文化を0から学ばなきゃいけないですよね。」

とだ「英語圏で戦うのはやめたほうが良いと思います。敵が強いから。日本人は言語によって守られている。日本人が技術力高いけど、それは平均的に高いって話。市場ではそれは重要じゃないんですね。出来る人がどれくらいいるかが重要。そういう意味で英語圏のほうが人が多いので出来る人数は多い。また英語出来ればいろんな教材が無料で手に入る。日本人は不利です。」(とださんフォロー)

協賛会社様のご挨拶

株式会社Good Moneyger(グッドマネージャー)様
会場の提供もしてくださっています。

代表取締役 清水 俊博さんからご挨拶がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Winvisivle株式会社
エンジニアに特化したコミュニケーション転職サービスを運営されています。
『人の流れをよくして、個性と社会を輝かせる』

「Twitter転職は今の職場にバレちゃう…」という心配は無用のサービス!

会場紹介:FinGATE KAYABA

日比谷線・東西線 茅場町6番出口から徒歩2分、永代通り沿いにある『FinGATE KAYABA』が今回の会場。

永代通りを挟んで向かい側には、以前もくもく会で利用したCAFE SALVADOR BUSINESS SALONがありましたよん。
少し早めに会場に着いたので、ちょっとだけもくもくしてました(*^^*)

PS.しばさんがオススメしていた書籍

途中で聞き逃して、どの話をしていた時か定かではないのですが(^^;)

オススメ書籍として、スーツを着ないイケメン税理士の大河内薫さん(@k_art_u)著の『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えて下さい!』が紹介されました。

私はまだフリーランスではありませんが、税金の話って全然分からないのですよね…。
お金の知識武装はとても大切だと思うのでポチりますました(^^)!

ほぼ漫画なので、堅苦しくなくとても読みやすいです。

実は今回はイベントお手伝いをさせていただきました

今回の東フリトークショー、私はイベント運営のお手伝いとして参加させていただきました。
なかなか運営に携わる機会は訪れないですが、声をかけていただけて光栄です。ありがとうございました。

当日は受付やら会場設置やらバタバタ走り回りましたが、とても楽しかったし良い経験ができました😆是非またやりたい😁

一人で汗だくになってましたが、話しかけてくださった皆さん、ありがとうございました!

おまけ|オフショット

一緒にお手伝いした すーちゃん(@belltreeWeb)が、今回のイベントの写真を撮ってくれました\(^o^)/

オマケの写真もどうぞ!

初芝さんを小脇に抱える船越さん