動画・YouTube

フィモーラで動画編集 私が商用ライセンスを購入した理由

動画編集するならどのソフト?
動画編集をしたいけれど、フィモーラの有料版ってどうなのかな?
安っぽくなくてオシャレな動画を作りたいな。
でも初心者だから、プロ仕様の高級なソフトを買うのはまだ気が引ける…。

フィモーラには個人ライセンスと商用ライセンスがあるみたいだけれど、どっちがいいんだろう?
値段が安い個人ライセンスでもいいのかな?

こんなお悩みをお持ちですか?

この記事の内容
  • 動画編集初心者がフィモーラを選んだ理由
  • YouTuberデビューしたいならどのライセンスを購入すればよいか
  • 知らないとマズイ、商用利用とは

この記事では、今まで動画編集をしたことが無かった私が、
これから動画編集にチャレンジする未来のYouTuberのあなたの参考になるように、
なぜフィモーラを選んだのかについてご紹介してきます。

フィモーラで動画編集 私が商用ライセンスを購入した理由

フィモーラ(filmora)は、初心者にも優しい操作性、オシャレなエフェクトも用意された動画編集ソフトです。
無料版はフィモーラ透かしが入ってしまい、それを消すことはできません。

私はこのフィモーラの有料版、さらに商用利用ライセンスを購入して使っています。

お値段は14,900円。
公式ホームページ から購入できます。

YouTubeデビューするので商用利用可が必須である

私がフィモーラを選んだのは、商用利用が可能なソフトだからです。

あなたはなぜ動画編集にチャレンジしたいのでしょうか?
友人の結婚式ムービーを作りたい、何かカッコいい、YouTubeにアップしたい、仕事にしたい…

これから動画編集のスキルを身につけて、『お金を稼ぎたい』と少しでも思っているのなら、
あなたは商用利用が可能なソフトを購入しなければなりません。

簡単に操作できて、オシャレな動画を作れるソフトが欲しかった

動画編集ソフトで有名なのは『Power Director』や『Adobe Premiere Elements』でしょうか。
フィモーラを購入する前にこれらも検討したのですが、イマイチパッとしない(使い方や公式サイトの印象が)感じがしたので、候補からは外れました。
プロ用!って感じで操作が難しそうな印象だったんですよね

その点フィモーラは公式サイトもオシャレだし、
フィモーラの公式YouTubeチャンネルで、使い方の動画もアップロードされています。
購入する画面もわかりやすく日本語で書かれているし、視覚的にも丁寧。
購入するハードルが1番低かったのがフィモーラでした。

実際に使ってみると、動画のエフェクトもオシャレなものがたくさんあります。
必要ならば追加で購入することもできる、というのも良いなと思った点です。

操作も簡単です。
動画をカットしたり、くっつけたり、エフェクトや効果音などをつけるのも
マウスでドラッグするだけ。

初めて使った日も、チュートリアルなど見なくても編集完成までできましたよ。

【注意】BGMや効果音は著作権フリーで商用利用可能なものをネットでダウンロード

フィモーラは商用利用ライセンスを購入すれば『お金を稼ぐ』ことに利用できると前述しました。
しかし一部のエフェクトや、音楽・効果音などは商用利用不可だそうです。

ですので、インターネットでフリー素材を探してくる必要があります。
無料で音楽や効果音を提供してくださるサイトはたくさんあるのですが、必ず利用規約を確認してください。

  • 利用報告が必要か
  • リンクや著作権表記、クレジット表記は必要か
  • 商用利用可能か

私が素材をダウンロードしているサイトをご紹介しておきます。

YouTube オーディオライブラリ

YouTube オーディオライブラリ
BGMや音楽、効果音などたくさんあります。
利用規約にも、YouTubeでの収益化動画に使用してOK といった内容の事が記載されています。

効果音辞典

効果音辞典
使いやすい効果音がたくさんあるサイトです。
音のイメージ(シャキーン とか)も書いてあるので探しやすいし、サイトも丁寧な印象です。

まとめ|フィモーラは注意点もあるが初心者にも優しくてハードルが低い

まとめです。

これが決め手でフィモーラにした
  • 購入するまでのハードルが低い
    └ 公式サイトがわかりやすい
  • 商用ライセンスで購入すればYouTube OK
    └ YouTubeで収益化して問題なし
  • 簡単でオシャレ
    └ 操作が簡単。オシャレなエフェクトもたくさん選べる

ただし、商用ライセンスを購入しても、商用利用してはいけない音楽やエフェクトなどがあるので注意が必要です。
インターネットで商用利用OKなフリー素材を探して使いましょう。